シングシングシング

パンフレットダウンロード(PDF)

新着情報

  • なお、同馬の馬名はシングシングシング(意味:スウィングジャズの代表曲名。躍動感ある走りを。母名より連想)Sing Sing Sing)に決定した。

セグチレーシングS(チバ)在厩(美浦・新開幸一厩舎)
1着.2着.3着.4着以下:(0.0.0.0)

2017年

9月15日に帰厩。20日、新開調教師は「フックラして少し立派な体つきで戻ってきてくれました。今日ゲート練習を行っていますが問題なさそうなので、金曜日にゲート試験を受けさせようと思っています」とのこと。
(9月20日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。9月13日、新開調教師は「今週入厩予定でしたが、検疫がとれませんでした。キャンセル待ちで検疫がとれれば入厩させます。遅くとも来週中には入厩させる予定です」とのこと。
9月14日、新開調教師より「検疫のキャンセル待ちが取れましたので明日入厩させます」との連絡が入り、9月15日に入厩することになった。
(9月14日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。9月6日、新開調教師は「順調に調整も進んでいるようなので、来週の検疫で入厩させようと思います」とのこと。
(9月6日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。8月30日、牧場担当者は「今週で3本目になりますが、順調に16−15で乗り込んでいます。入厩できる体勢が整いつつありますので、このまま入厩の声が掛かるまで乗り込みます。体重は500キロです」とのこと。
(8月30日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。8月16日、新開調教師は「牧場で順調にペースが上がって来ていると聞いていますので、入厩までにはそれほど時間はかからないと思います。態勢整い次第、入厩させます」とのこと。
8月17日、牧場担当者は「先週坂路で18−17の調整を開始して、今週は16−15にペースを上げています。問題ありませんので、このまま入厩に向け進めて行きます。体重は478キロです」とのこと。
(8月17日)


セグチレーシングS(チバ)で調整中。8月9日、新開調教師は「徐々にペースも上がってきているようです。このまま乗り込んでもらい体勢が整ったところで入厩させたいと思います」とのこと。
(8月9日)


阿見TCで調整が行われてきたが、入厩に向けて坂路で調整を行うため7月29日にセグチレーシングS(チバ)へ移動。8月2日、牧場担当者は「移動後も問題ありません。入厩に向けてこのまま坂路で乗り込んで行きます」とのこと。
8月3日、牧場担当者は「扱いやすい馬で、ペースが上がり始めれば直ぐに軌道に乗りそうです。このまま入厩に向け進めて行きます。体重は484キロで入場し、現在は488キロです」とのこと。
(8月3日)


7月26日撮影

阿見TCで調整中。7月26日、新開調教師は「順調に乗れていますし、すっかり立ち直っています。ただ、やはり暑い時期に無理はしたくないので、ペースを上げるのは少し涼しくなってからの方が良いと考えています」とのこと。また牧場担当者は「蹄も問題ありません。良い感じです。本日の計測で馬体重は494キロです。普段はとても大人しい馬です」とのこと。
(7月26日)


阿見TCで調整中。7月19日、牧場担当者は「引き続き普通キャンター1600〜1800mの調整です。暑い日が続いていますので、無理せずこのまま進めていきます」とのこと。また新開調教師は「ジックリ調整してもらって、お盆過ぎに入厩させるようなイメージで考えています」とのこと。
(7月19日)


阿見TCで調整中。7月5日、牧場担当者は「徐々にペースを上げていて現在は普通キャンター1600〜1800mの調整です。具合を見ながら距離を伸ばしつつペースを上げていきます」とのこと。
(7月5日)


6月3日より阿見TCで調整中。21日、牧場担当者は「疲れも取れてきて飼い葉の食いも良く現在は軽目キャンター1400mの調整です。具合を見ながら距離を延ばしていきます」とのこと。
(6月21日)


6月3日より阿見TCで調整中。7日、牧場担当者は「獣医師に診てもらったところ、鉄橋がない鉄で大丈夫とのことでしたので、普通の鉄に戻しています。来たときに比べて馬は大分リラックスできている感じです。このまま様子を見ながら進めて行きます」とのこと。
(6月7日)


5月31日、新開調教師は「鉄橋のある鉄のまま、普通に乗り始めています。ゲート中心に調整していますが、少し恐がりなところがあるので、試験を受けるのには、もう少し時間がかかりそうです」とのこと。
6月1日、新開調教師は「ここまでゲートを中心に調整してきましたが、新しい環境での調整で、精神的にストレスが溜まってきています。走りそうな馬だけに、変にここで追い込んでしまって、悪い方にいくのも嫌なので無理せず放牧に出そうと思います」とのことで、近々阿見TCへ放牧に出る予定。
6月2日、新開調教師は「明日放牧に出します。疲れの抜け具合にもよりますが、2週間程度で戻せるかもしれません」とのことで、6月3日に阿見TCへ放牧に出ることになった。
(6月2日)


5月24日撮影

5月24日、新開調教師は「鉄橋のある鉄を履かせたことで歩様は良くなりました。少し楽をさせましたが、今日から跨がり始めています」とのこと。
(5月24日)


チェスナットファームで調整中。5月17日、新開調教師から「ゲート試験合格を目標に明日の検疫で入厩させます」との連絡があり、5月18日に美浦TC・新開幸一厩舎へ入厩することになった。
5月18日、新開調教師は「本日、輸送熱もなく無事に入厩しています。具合を見ながら進めて行きます」とのこと。
5月19日、新開調教師より「歩様が良くなかったので、調べたところ右前を挫跖してしまったようです。しばらく様子を見ます」とのこと。
<申込締切>
お申し込みは5月15日(月)午後3時で締め切らせて頂きました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
(5月19日)


チェスナットファームで調整中。5月11日、新開調教師は「化骨が少し遅れている以外は順調にきていますので、来週入厩させる予定です。先ずはゲート試験に合格させて、デビューできる体勢を整えて、化骨が固まった頃にデビューさせたいと考えています」とのこと。
<近日中に入厩予定>
同馬は近々入厩する予定です。お申し込みは5月15日(月)午後3時で締め切らせて頂きます。
出資をご検討の方は、お早めにご検討下さい。
(5月11日)


5月8日撮影

チェスナットファームで調整中。場長は「引き続きBTCのダートコースで20秒ペースのキャンター3200m、坂路では17秒ペースを乗り込んでおり順調です。馬体重に大きな変化はありませんが、無駄なものが取れつつ筋肉量が増えているので、良い体付きになってきています。馬体良化に伴いスピード調教でも余裕を持って力強い動きを披露しています」とのこと。体重は462キロ。
(5月8日)


4月21日撮影

チェスナットファームで調整中。4月19日、新開調教師は「化骨は遅れ気味ですが、刺激の意味も含めて一度入厩させて、ゲート試験を受けさせる予定です。時期的には早ければ5月くらいに入厩させて、ゲートを受からさせてから、再度牧場で調整して化骨が完了する頃にデビューさせたいと思います」とのこと。
(4月19日)


3月下旬撮影

チェスナットファームで調整中。4月14日、場長は「屋外コースが開場しダートコースでしっかり負荷をかけて乗り込んでいます。現在は坂路1本17−17の後に1600mダートコースを2周といったメニューです。先日来場した新開調教師とも話したのですが、7〜8月頃に化骨が完了する見込みですので、暑くなる前に美浦近郊へ移動させておけば、化骨が完了次第レースに向けてペースを上げることが出来そうです。以前から新開調教師より『可能なら早期始動を考えたい』という話が出ていましたし、状況によっては早めに送り出すことも考えています」とのこと。4月14日現在の馬体重は462キロ。
(4月14日)


チェスナットファームで調整中。現在はBTCのダートコースでキャンター3000m(20秒)中心に、週2回程度ウッドチップコースで2ハロンを18−18の調整。場長は「馬体重が増えて少しずつ力も付いてきたことで、調教ではブレの少ない、背中を使った走りが出来るようになってきました」とのこと。3月20日現在の馬体重は464キロ。
(3月31日)


チェスナットファームで調整中。現在はBTCのダートコースとウッドチップコースを併用し、キャンター3000m(20秒)中心に、週2回程度ウッドチップコースで3ハロンを17−18の調整。3月17日、場長は「ほぼ同じメニューで、ほんの気持ち程度ですがペースを上げて17秒前後を乗り出しています。3月初めに行った化骨検査では『まだ成長途上』という結果が出ましたので、化骨が完了するまでは無理せず進めることになりそうです。化骨の進み具合からも、馬体がグッと増えてくる可能性もありそうです。成長を見ながら進めたいと思います」とのこと。
(3月17日)


チェスナットファームで調整中。現在はBTCのダートコースとウッドチップコースを併用し、キャンター3000m(20秒)中心に、週2回程度ウッドチップコースで3ハロンを18−18の調整。場長は「気の悪さを見せることもほぼ無くなり、調教ではオンとオフを使えるようになってきました。体の使い方も上手くなり、動きに安定感が出てきました」とのこと。
(3月9日)


チェスナットファームで調整中。現在はダートコースでキャンター3000m(22〜20秒)中心に、週2回程度坂路でハロン18秒ペースを乗られており順調。場長は「現在は周回ダートコースでの乗り込みを中心にして、体力強化に重点を置いたメニューです。坂路では18秒くらいのところも消化しており順調にきています。ヨハネスブルグ産駒らしいピリッとした動きを見せ、スピードもありそうです。先日来場した新開調教師も『夏デビューを目指せそうな雰囲気ですね』と話しており、早期始動の可能性も十分ありそうです」とのこと。2月20日現在の馬体重は456キロ。
(2月24日)


チェスナットファームで調整中。現在はウッドチップコースで22秒ペースのキャンター3000m中心の調整。場長は「まだ気の悪さを見せることもありますが、調教に入ると集中できるようになってきました。まだ緩さが残っていますので、じっくり乗り込んで成長を促していきます」とのこと。1月下旬の馬体重は450キロ。
(2月3日)


チェスナットファームで調整中。引き続きウッドチップコースで25秒ペースのキャンター2500〜3000m中心の調整。場長は「年末年始期間もそれほど緩めず、引き続き同様のメニューで調整しています。暮れに熱発が続いた時期もあったのですが、ここにきて体調面は安定してきて順調に乗り込むことができています。3000mをコンスタントに乗り込めるようになった段階でペースアップしていきたいと思っています」とのこと。現在の馬体重は450キロ。
(1月20日)


チェスナットファームで調整中。ウッドチップコースで25秒ペースのキャンター2500m中心の調整。年末年始期間にリフレッシュ調整を挟み、ここから元のペースに戻しつつ調整する。場長は「気の強い面も徐々に良い方に改善が見られ、調教では首を上手く使って集中した走りが出来るようになってきました」とのこと。
(1月6日)

ページ上部へ

2016年

11月下旬撮影

チェスナットFで調整中。現在はBTCに通いつつ27秒ペースのキャンター2000mの調整。場長は「季節的なものと時期的なもので、中間に軽い熱発が数回あり、3〜4日ほど楽をさせて無理せず進めています。この時期にはよくあることですし馬に合わせて調整しています。ヨハネスブルグ産駒らしく、ピリッとしたところは見せていますが、落ち着きはあり調整も真面目に取り組んでいます」とのこと。
(12月15日)


チェスナットFで調整中。馴致とブレーキングを終え、現在はBTCに通いつつウッドチップコースで27秒ペースのキャンター2500mの調整。場長は「気の強いところが見られ、しっかりコミュニケーションを取りながら進めていきたいと思います」とのこと。
(12月2日)


10月28日よりチェスナットFで調整中。現在はロンギ場での馴致を行っており順調。11月14日、場長は「馴致は順調で、人が跨がるところまで進んでおり、近々角馬場でのフラットワークを開始する予定です。体に幅もあってしっかりしていますし、父の系統からも、早期デビューをめざしたいタイプですね。このまま進めていきます」とのこと。
(11月14日更新)


10月28日にチェスナットFに移動。環境に慣らしつつ初期馴致を開始する。
(10月29日更新)


10月中にチェスナットFに移動予定。夜間放牧を行っており順調。普段はとても穏やかな性格だが、時折見せる芯の強さが頼もしい。背も伸び幅も出てきた。馬体重は464キロ、体高152cm、胸囲182cm、管囲20cm
(10月中旬)


パンフ使用写真

体重426キロ 体高150.0cm 胸囲177.0cm 管囲19.5cm
(8月上旬)


募集時撮影

募集時に配布したDVD映像になります。
(募集時配布)